晴耕雨読‐Rainy Day通信‐

晴耕雨読 チェロとギターの夕べ

今朝もいつもの通り、本棚を整え、ランチの看板を出し、店を開けました。
今日の日替わりランチは、ビーフ・パストラミサンド、豚肉の梅炒め丼、
タイのグリーンカリーの三種類。どれもおすすめです。
ざわざわとした店内を見ながら、いつもと同じなのに何だか違う感じがします。
そう、昨夜の興奮がまだ耳の奥に残っているのです。
d0080864_15333635.jpg

昨晩、Rainy Dayの店内にはチェロとギターの二重奏が響き渡っていました。
チェリストの藤村俊介さんとギタリストのイヴ・ストルムズさんをお招きしてのクラッシックコンサート。
d0080864_1534620.jpg

藤村さんには、12月にソロ演奏していただいて、初めてチェロの音を間近で味わう体験をしました。
d0080864_15342552.jpg

そして、昨晩はベルギーの誇るギターの名手とのデュオ。

二人の超絶技巧を至近距離で鑑賞するという贅沢なコンサート。
曲目はヴィラ・ロボスのブラジル風バッハからはじまり、ピアソラのタンゴの歴史。イブさんのソロを間にはさみ、バッハはアベマリア、ピアソラの師匠のヒナステラの忘却の樹、マチャード、ナタリなど有名で高尚な作曲家の作品を全部で20曲!!

音楽のフルコースを、いただきました。

普段あまりクラッシックに触れる機会の無いスタッフでしたが、
涙がでるのに、知識は必要無い事を知りました。
ミルクのような音ってあるのですね。

歌い上げるチェロと、音のまわりを表現するギター。
独立しているふたつの弦楽器の語らいは、焼けたパンのように、
温かく、むくむくと広がっていくように感じました。
会場いっぱいのお客さまを包んで。

藤村さんとイブさんはそれぞれの楽器のケースを担ぎ、帰っていかれました。
二人とも、素敵な笑顔をのこして。

d0080864_15501196.jpg

これは、今朝焼けた、自家製ごま入りパン。

Rainy Day Bookstore & Cafe

東京都港区西麻布2-21-28-B1
Tel & Fax : 03-5485-2134
営業時間 : 11:30〜23:00(L.O. 22:00) (土曜日は18:00まで)
ランチタイム : 11:30〜15:00
定休日 : 日・祝日
[PR]
by switch-rainy | 2007-02-09 15:58





Profile

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ページの上へ